読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Grünes Haus

情報共有の場であったり、日々の記録の場だったり、管理人のアウトプットの場であったり、そんな個人趣味的な空間です。

softbankユーザーが格安SIMにMNPしてかなり得した話③

f:id:qweasdzxc-green:20170111005231j:plain

1つの記事でぱぱっと全て説明するつもりが、3記事目に突入しちゃいました。

1つ目、2つ目の記事は以下になります(^^)

 

green-house.hatenablog.com

 

green-house.hatenablog.com

 

今回は大きな流れの②からになります。

② 契約する会社を選ぼう!

使用する端末でも結構悩んで悩んで悩んだんですが、契約するMVNOの会社選びも悩みに悩みました。

以下のサイトで多くの会社を比較してくれてます。

 

androidlover.net

digital-life.jp

いや~みてもらったらわかるんですが、腐るほどいろんな会社があるんですよね(笑)

石投げたらどこかしらのMVNOの会社に当たるんじゃね?ってぐらい。

少し盛ったけども。

 

今回も、多くの選択肢は頭がこんがらがるだけなので、少ない良質な選択肢を2つ用意しました。

以下は実際にkeyが迷った2社です。

mineo.jp

www.uqwimax.jp

各評価サイトを比べて、悩んで、どうしよーどうしよーって考えて最終的にこの2社になりました。

速度、サービス、料金プラン、どれも申し分ない2社です。

結果としては、mineoで契約しました。

ちなみにSIMロックの観点から、使用している通信インフラの話をするとmineoはdocomo,au双方の電波に対応、UQmobileはauの電波のみ対応です。

keyはSIMフリーのiphoneSEを購入したので、UQmobieも候補の1つに上がりました。

 

どの会社でもいえることですが、今使っているキャリアの電波を使っているからといって、必ずそのスマホが新しく契約する会社のSIMで通信できるとは限りません。

必ず契約する会社の動作が可能な端末のページを必ず確認しましょう。

 

会社選びについて、迷ったというか、第一志望がmineo、第二志望がUQmobileでしたね。

UQmobileを選ばなかった理由

先になぜUQmobileが第二志望で迷わせられたかという説明をします。

以下がUQmobileの料金プランになります。

f:id:qweasdzxc-green:20170111002441j:plain

引用元:http://www.uqwimax.jp/plan/mobile/other/

 

音声通話プランというのは、データ通信だけじゃなくて、電話番号を用いて電話もできますよ、ってことです。

格安SIMに移行する方は、音声通話プランを確認してください。

 

悩んだ最大の理由が、データ無制限のプランです!!!

もちろん無制限プランを用意しているのはUQmobileのみではないですが、速度、サービス、業績などを考えると、UQmobileが選択肢となりました。

ちなみに送受信最大500kbpsとなっています。

遅いんじゃね?って思うかもしれませんが、youtubeの普通の画質であれば、ほぼストレスなく視聴できる速度です。それが無制限なんです。

 

スマホyoutube見放題が、もろもろ込みで月額2680円で契約できちゃう。

これの衝撃ですよ。

外でもガンガンスマホ使い倒す方は、UQmobileで決定だと思います。

 

なぜkeyがUQmobileにしなかったのか。

スマホ依存を回避するためです。」

そんな理由で辞めるなら第二志望に入れるなよ、って感じなんですけど(笑)

 

一日2時間スマホを見る時間があるなら、もっと有意義に時間を過ごそうって思いはじめまして、スマホから離れていく努力を最近しています。

 

以上のような本末転倒な理由で、keyに選ばれたのはmineoでした( *´艸`)

 

ということでまとめますと、

  • スマホを無限に使い倒すぜ!!!って人は、UQmobileを選ぼう!(auの回線を使っているので、いまdocomoでそのままの端末を使いたい人は注意)
  • スマホはそこまで使いまくるわけじゃないよ。そこそこのデータ量で、通信料を抑えたいって人は、mineoを選ぼう!(softbankユーザーは、SIMフリーを買おう)

 

mineoの紹介と特徴

ということで、ここからはmineoの紹介と特徴を説明していきたいと思います。

改めて、mineoのサイトを紹介します。

mineo.jp

 mineoのサイトの印象は、行ってもらえばわかるんですが、すごく初心者に丁寧で分かりやすいサイトになっています。

ちなみに契約を申し込むページもとても分かりやすく、悩むことなくすんなりと進むことができました。

そういうサイトの分かりやすさの点でもオススメですね。

mineoの料金プランは以下になります。

f:id:qweasdzxc-green:20170111153626j:plain

引用元:http://mineo.jp/charge/docomo/

f:id:qweasdzxc-green:20170111153637j:plain

引用元:http://mineo.jp/charge/

 

docomoの電波を使う人は上の表、auの電波を使う人は下の表です。

今のスマホdocomoなら上、auなら下です。

SIMフリースマホならどちらでも可能です。

keyはSIMフリーだったのでどちらでもよかったのですが、なんとなくdocomoにしました。

 

電話機能が必要だと思うので、デュアルタイプを参照してください。

家にwifiがあって、出先ではそんなに使わないkeyは3GBにしました。

3GBで不安な人は5GB、めちゃめちゃ使う人は10GBのプランにしましょう。

10GBでも、大手キャリアに比べればかなり安いです。

 

mineoのサービス的な特徴をいくつか紹介します。

  • 多くの格安SIMは、MNPの切替え作業を行ってからSIMカードが届くまで数日かかり、その期間はスマホを使えません。mineoの場合、SIMカードが届いてから自分で電波の開通作業を行うため、スマホが使用できない時間が1時間程度で収まります。
  • mineoは専用アプリがあり、アプリ名を「mineoスイッチ」といいます。これを使って何ができるかというと、高速データ通信のON/OFFが切り替えれるのです。OFF(最大速度200kbps)の時は、データ量を消費しません。OFFの状態でも画像の少ないサイトの読み込みやLINEやtwitterなどのSNSは可能なので、データ量の節約ができ、keyもめちゃくちゃ使う機能です。

  • ユーザーを考量した独自のサービスが面白い!例えば「マイネ王」という独自のコミュニティサイトがあります。記事を投稿してありがとうボタンを押してもらえるとデータ量をもらえるたり、フリータンクという全ユーザー共通のデータ量の冷蔵庫みたいな機能があったり・・・keyは使っていないのですが、他の会社との差別化を感じるポイントです。

 

 

 

なにはともあれ、大きな流れ②契約する会社を選ぼう!はこれでクリアしたことになります。

次は大きな流れ③から説明していきます。

スマホ選びと契約する会社選びが悩んだりして時間かかったりするので、ここまでくると後はとんとん拍子です。

次回の記事で大きな流れ

 ③MNPの申し込みをして、新しい会社と契約しよう!

 ④届いたSIMを挿入して設定しよう!

を説明してsoftbankユーザーが格安SIMMNPしてかなり得した話を終わりたいと思います。

次回の記事がこちらです。

 

 

green-house.hatenablog.com