読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Grünes Haus

情報共有の場であったり、日々の記録の場だったり、管理人のアウトプットの場であったり、そんな個人趣味的な空間です。

手の指の呼び方の由来って???

f:id:qweasdzxc-green:20170116163313j:plain

手の指の呼び方って、

親指、人差し指、中指、薬指、小指

ですよね。

 

今日手の指の爪を切っていたわけですが、

「なんでこんなにも呼び方に統一感ないんだ?」

って思い立って、調べてみたわけです。

今までで5万回は呼んできたであろう指達の呼び名のルーツはいかに・・・!?

 

いろいろな呼び方

普段私たちは、

親指、人差し指、中指、薬指、小指

なんて呼びますけど、小さい子に対しては覚えやすくするため

お父さん指、お母さん指、お兄さん指、お姉さん指、赤ちゃん指

なんて呼び方もしたりしますよね。

 

医学用語では

母指(ぼし)、示指(じし)、中指(ちゅうし)、薬指(やくし)、小指(しょうし)

って呼ぶらしいです。

 

ちなみに英語なら

thumb(母指)、index finger(示す指)、middle finger(中指)、ring finger(指輪の指)、little finger(小指)

って表現するらしいです。

なんで親指だけ ~finger っていう表現じゃないんだろう。

和訳すると日本語とほぼ同じ意味になってますね。

各指に対する欧米人のイメージと日本人のイメージは似たり寄ったりであることがわかります。

ただ、日本語でいうところの薬指だけ大きく違うイメージな感じがしますね。

 

各指の名称の由来

調べていくうちに、どうやら名称の由来は2パターンに分かれるようです。

指の大きさに由来

大きさに由来して名付けられているのが、親指、中指、小指です。

 

親指・・・5本指の中で、一番太いから。

中指・・・5本指の中で、真ん中の大きさだから。

小指・・・5本指の中で、一番小さいから。

 

名付け方がすごく安直ですけど、だからこそ直感的にわかりやすい。

指の使い方に由来

人差し指と薬指は、どうやらその指の使い方で名付けられたようです。

人差し指

人を指差すから人差し指、って思ったあなた。同志です。

でもどうやら違うようです。

”指を差す”という言葉のもともとの意味に、”指示する” とか、”指図する” という内容が含まれてます。

人差し指の呼び名の由来は、
「人を指差すのに使う指だから」
ではなく、
「人に指示するときに使う指だから」
ということでした。

薬指

昔、お医者さんが薬を水に溶かすときや、混ぜるとき、粉を舐めるとき、薬を塗るときなどに使っていたのがこの指だったから、薬指と呼ぶようになった

というのが有力そうです。

普段あんまり5本の指の中で、一番使わない指だから清潔であるとして使われていたとか・・・。
(あんまり変わらない気がするけど・・・。)

 

また、仏教薬師如来の像は左手に薬壺をもって、右手は前に出して右手第四指を前方に曲げています。

つまり、薬師如来の第四指から由来しているともいわれています。

薬指の別称

なんか少し特別感のある薬指なわけですが、さらにいろんな呼び方が存在します。

紅差し(付け)指

お化粧に由来した呼び方ですね。

昔は今メジャーに使われているようなスティック状のものはありませんでしたから、練状のものを指で塗っていました。

その時使われていたのがこの指だった、というのが紅差し指の由来です。

名無し指

どこかしらの地方の方言が由来であるという説、
動かしにくく使いにくい指だから名前が付けられなかったという説、
この指は魔法の力が宿るとされ、力を持つものの名を安易に口にしてはならないという考え方から付けられたという説、
などがあります。

 

私たちは指輪は薬指にしますが、指輪自体が魔法のアイテムと考えられていたこともあることから、
魔法の指は安易に名を呼んではならないから名無し指
と付けられたのがやはり有力なのではないかと思います。

 

 

以上が調べた結果でした。

もっと安直な結果になると思ったのですが、人差し指には少し裏切られ、薬指には如来だの魔法だのと、思ったより壮大なルーツでしたね(笑)

親指は大指でいいんじゃないかと思ったのはkeyだけではないはず

 

 

参考:

魔法の指

指の呼びかた - じゃがブログ ~さいとう小児科~

なんだろう&これだろう - 指の名前の由来について

指の名前の由来を聞かれた!子供に何て説明する? | 手と指の教科書~痛み・かゆみ・むくみを解決~