Grünes Haus

情報共有の場であったり、日々の記録の場だったり、管理人のアウトプットの場であったり、そんな個人趣味的な空間です。

gn125h(125cc)でのロングツーリングの感想とナビの困惑

f:id:qweasdzxc-green:20170509235934j:plain

こんばんは、keyです。

125ccやgn125hを買おうかどうか迷っている方の中で、
「125ccってロングツーリングができるのか?どんな感じ?」
っていう疑問を持っている方の参考になればなぁ~と思います。

そんな方達の参考になればいいかなと思い、今回はgn125h(125cc)でのロングツーリングの感想について書いていきたいと思います。

 

 

どんぐらい走ったん?

往復で350km走りました!!

これを距離が長いとみるか短いとみるかは完全に人にいると思います。

とりあえずkeyがバイクを買って走った中で、1日350kmが最長だったので、今回はその時の感想を思い出しながら...。

ちなみに中国地方から近畿地方へ行きました。

 

ナビはどうしたん?

ナビは前回紹介したスマホホルダーにiPhoneSEを装着して、googlemapで行きました。

 

green-house.hatenablog.com

 

 

しかし!!!!!!!!

近所をうろうろする程度では浮き彫りにならなかった問題が発生。

 

125ccが高速道路を走れないのはわかっているので、

高速道路を使わない、有料道路を使わない、フェリーを使わない

でgooglemapの設定は完璧だと思っていたのです。。。

 

立ちはだかったのが、

自動車専用道路。

自動車専用道路は、125ccでは通れません。

でもgooglemapのルートは自動車専用道路を通りまくります。。。

 

「あれ?移動方法を徒歩にすればいいんじゃね?」

っていう浅はかな考えで徒歩に設定してみるも、
公園とか駅中を通りやがる!!

 

結局のところ、自動車専用道路がルートに記された場所は、自動車専用道路の側路をええ感じにgooglemapを見ながら走りました。

方向音痴には厳しかったよ...。笑

 

125ccで長距離走ってみた感想はどうなん?

振動とパワーについて

gn125hの特徴として(単気筒の特徴でもありますが)、振動が強い。

これが長距離では疲労に繋がっていたと感じました。

友達のninja250に乗らせてもらったときは、gn125hと比べると振動は皆無って感じでした。

といっても、駆動系のカスタムがデフォルトの状態のままで、60~70km/hぐらいなら巡航でもそんなに振動しません。

gn125hの速度や回転数は記事に書いたので参考に。。。

 

green-house.hatenablog.com

 

しかし大きい道で巡航速度がはやめの道路では、疲労感を感じます。

125ccは公道でパワーを出し切れる楽しみがありますが、ロングツーリングとなるとパワーの余裕のなさはデメリットとなりました。

 

身体的つらさについて

keyのgn125hはハンドルを交換しているので、姿勢の内容はこれを前提とさせてもらいます。

 

green-house.hatenablog.com

 

通算10時間前後バイクに乗っていたわけですが、姿勢による身体的苦痛は感じませんでした!!!
(ハンドルを変えておいたおかげなのか、ただ単に、若いからなのか.....?)

この結果は、結構意外かつ、ラッキーな収穫です。

ハンドルはノーマルより低いものにしていたので、肩や腰の痛みは覚悟していたのですが、まったくなくてよかったです。

gn125hはステップが前よりで、腰が立ちやすいことも疲労が少なかった理由の一つかもしれません。

 

また、長時間乗ったからといって、尻が痛くなることもありませんでした。

シートはすでに変えてはいるのですが、デフォルトと比較してふかふか具合などは変わらないと思いますので、デフォルトのgn125hでもそこまで尻が痛くなることはないと思います。

 

身体的苦痛を感じたのは、リュックによる体への負担でした。

125ccに限らず、バイクで長時間乗るときは、体には何も身に着けないほうが圧倒的に疲れが少ないことを学びました。

体には何も身に着けないためにも、ロングツーリングの際には積載を拡張しておくほうがいいでしょう。

 

green-house.hatenablog.com

green-house.hatenablog.com

 

 

必要な持ち物は?

日帰りでしたら、そこまで荷物は多くありません。

見ている方は想像つく範囲だと思います。

最低限必要だと思ったのは、

ぐらいですかね。

どこかが故障した際の修理セットを持っていける人は持っていけばいいのではないでしょうか。

keyの場合は、壊れたらレッカーに頼ります(笑)

自賠責保険、健康保険、免許証、現金はロングツーリングであれ近所への買い物であれ、必ず持ち歩きましょう。

 

スマホは、ナビとして使用したり、カメラとして使用したり、またSNSへの投稿として使用したりと、現代人からは切り離せない相棒ですよね。

家に置いていく選択肢は、そもそもないですね(笑)

 

スマホのモバイルバッテリーは割と重要です。

ナビとして使用する際は画面がずっとつきっぱなしになりますので、充電がすぐになくなります。

(バイクから充電できるようにしている方は必要ないです。)

 

カッパはガチで必要ガチで。

帰りの175kmはずっと雨でした。

カッパがなかったらと想像すると、ゾッとします。。。

何が何でも持っていきましょう。

 

まとめ

今回は、gn125h(125cc)でロングツーリングしたときの感想だとかを思い出しながら書いてみました。

正直1日10時間バイクに乗っているのはしんどかった。

これはバイクの排気量がどうとかではない気がする。

根性の問題だ~。

 

keyがなんとなく感じた、125ccの日帰りツーリングでの気持ちのいい最大距離は、

往復200kmまでかなぁ~~~~~。(天気にもよるYO)

 

今回の記事はこんな感じで終わろうと思います。

最後まで見てくれてありがとうございました!