windows10に最初から入ってる便利付箋アプリ!Sticky Notes!!

f:id:qweasdzxc-green:20170607000204j:plain

こんばんは、keyです。

僕は作業机の周りに付箋を貼りまくる付箋魔です(笑)

Todoリストだったり、買い物リストだったり、目標だったり、一時的に忘れないようにするためのメモだったりをペタペタ貼っています。

いつでも見える場所にその内容が常にあるというのが、一番のお気に入りの点です。

 

付箋を愛している僕が、パソコンのデスクトップにも付箋を貼りたいと考えるようになりました。

探してみたら、すぐ見つかった(笑)

しかもwindows10に初めから入っている公式なアプリ!

 

使ってみたら、割と使いやすかったので紹介したいと思います。

起動は、画面左下の検索部分に、「Sticky Notes」と打てば表示されます。

右クリックでタスクバーにピン留めすれば、タスクバーにいつでも表示されるようになり、さらに使いやすくなります。

 

 

 

魅力

魅力をいくつか紹介したいと思います。

 

付箋のように使える

こう書けば、じゃぁ付箋のメリットってなんやねんってなるかもしれません(笑)

付箋の良さとかメリットとかはいずれ記事に書く(かも?)として、現実の付箋に近い使い方ができるのがかなり魅力です。

つまり、ちょっとしたメモとかを、さらっと書き残して、そしていつでも目に入るようなところに置いておける、ということですね。

デスクトップに貼っておけば、定期的に、そして無意識にメモが頭に入ってくるので良いです。

 

いくつでも貼れる

1つのアプリだから、1枚しか付箋を貼れないという勘違いを防ぐために書いておきます。

何枚でも貼れます。

 

サイズを変更できる

現実の付箋にはないメリットです。

付箋(ウィンドウ)のサイズを変えることができます。

これは、付箋に書くメモの文量や内容に応じて、自分が見やすいサイズに変えることができるのでかなり便利です。

例えば、買い物メモなどの単語の羅列なら幅の狭いサイズが見やすいし、文章をメモしているなら幅を広くとったサイズが見やすくなります。

 

ちょっとしたメモなら、メモ帳やwordより使いやすい

みなさんがちょっとしたメモを取るときに、メモ帳の機能を使っているのか、はたまたwordを使っているのかはわかりません。

少なくとも僕は、そのどちらよりも、ちょっとした程度のメモならStickyNotesのほうが使いやすいと感じています。

もちろん、文章作成や書類作成という意味では、テキストエディタであるwordの方が格段使いやすいです。

しかしメモという観点で考えると、StickyNotesの圧勝です。

 

デフォルトのアプリなので安心できる

これは割と個人的には大きいです。

デフォルトのアプリならウィルスや、わけのわからないエラーに悩まされることはほっとんどありません。

安心できるというのは、使用のハードルを下げてくれます。

 

文字をいじれる

あとで画像でお見せしますが、下線を引いたり、太字にしたりなどの調整ができます。

ショートコマンドで行うことができるので、かなり使いやすい。

付箋の中で、内容を階層的に区分けしたいときに大いに役立ちます。

例えば買い物メモの中で「食材」とか「生活用品」などで区分けしたいときや、欲しいものリストで店ごとに書きだすときなどに使えます。

 

付箋の色を変更できる

付箋の色を変更することができます。

自分の中で、このタスクはこの色、この作業はこの色などを決めてけば、ぱっと見たときの視認性が大いに向上します。

また、色を選ぶことで、デスクトップの背景の色に馴染ませることができます。

僕がおすすめする色は、背景の色と同系色です。

違う色だと、どうしても付箋が浮いてしまいます。

同系色を選ぶことで、付箋を自然に馴染ませることができます。

 

再起動しても大丈夫

10枚以上付箋を貼って、その日のうちにすべて消費するようなことってないですよね(笑)

僕の場合、基本的に付箋っていうのは数日間は貼りっぱなしです。

StickyNotesは再起動したら、付箋すべて消えるのかというと、消えません。

画面が消える前の付箋をそのまま復元してくれます。

これが最初一番不安だったんだけど、復元してくれるのを確認してから、安心してずっと使えるようになりました。

 

 

実際の画面を紹介!

実際にどんな感じなのかっていうのを、画像を通して紹介したいと思います。

まず起動した状態。

f:id:qweasdzxc-green:20170607003429j:plain

左上の+を押すと、増殖します。

f:id:qweasdzxc-green:20170607003452j:plain

右上の・・・を押すと、カラーを変更できます。

カラーの種類は、表示される色をそのまま紹介すると、
レモン」「芝生」「スカイブルー」「アメジスト」「バラ」「クリーン
の6色です。

文字の色はできるだけ本物に近い色を選んでいます。

上の画像はスカイブルーです。

全色並べたら、こんな感じ。

f:id:qweasdzxc-green:20170607004051j:plain

 

文字を書いて、少しいじってみましょう。

いじった結果と、ショートコマンドをメモしてみました。

ショートコマンドは、こちらのサイトを参考にさせていただきました。

http://newtemi.com/pc/2271

 

  • Ctrl+B→太字
  • Ctrl+ I →斜体
  • Ctrl+U →下線
  • Ctrl+T →打消し線

f:id:qweasdzxc-green:20170607004159j:plain

 

 

 

まとめ

今回の記事は、windows10にデフォルトで入っていて、便利な付箋アプリ、Sticky Notesの紹介でした。

本当にめちゃくちゃ使えます。

普段付箋を結構使う人は、ハマると思います。

試しに使ってみてはいかがでしょうか。

 

 

以上で今回の記事を終わりたいと思います。

最後まで見ていただきありがとうございました!