大学生の僕が彼女に下着をプレゼントしてみて考えたこと

f:id:qweasdzxc-green:20170612214924j:plain

こんばんは、keyです。

 

先日、彼女の誕生日ということで、下着をプレゼントしました。

 

ちなみに下着をプレゼントをするのは初めてでした。

僕自身実は、身に着けるものはあんまりプレゼントしたくない派です。

身に着けるものって、お付き合いしてる人からもらった場合、一緒に遊ぶときとかに少なからずそれを身に着けたほうがいいっていう気持ちが働くと思います。

それが気に入ってるものだといいんだけど、自分の感性とまったくマッチングしていない場合、苦痛でしかないよね(笑)っていう。

そう思われるのが嫌だし、気を使わせたくないのであまりプレゼントしてこないようにしてきました。

(今回プレゼントするに至ったのは、あちらからの要求なので例外であ~る!)

 

 

この記事をみてくれているのはおそらくほとんどが男性だと思います。

そして、彼女へのプレゼントに下着を考えている人だと思います。

 

今回の記事では、先日初めて下着をプレゼントした僕が、その時に感じた「下着をプレゼントすることに対する考え」を書いちゃおうと思うわけです。

男性の諸君、参考というよりは、「友達がなんか言ってるわ~」ぐらいに受け取ってもらえたら幸いです(笑)

 

 

そもそも下着プレゼントを良しとしてくれる人なのかどうか

まず考えないといけないことがこれですね。

女性といっても、いろんな人がいると思います。

相手の女性が、「下着プレゼント」という行為に対してどのように考えているかが最初の分かれ目です。

もし相手の女性が、「下着プレゼント」という行為をNGと考えている場合、どんな下着を選んだところでアカンわけです。

サプライズで渡したい気持ちはめちゃんこわかるんですが、下着プレゼントを良しとする人なのかどうかは、先に探りを入れてないと微妙な空気になることが予想できます(笑)

 

マイナビウーマンさんがアンケートを取ったところ、こんな感じのコメントが出ています。(以下、本記事でちょいちょいコメントを引用しますが、全てマイナビウーマンさんのアンケート結果を引用していると思ってください。)

 

・「うれしくない。よかれと思ってプレゼントしてくれたその気持ちはうれしいけれど、身体に合わないものはいりません」(29歳/医薬品・化粧品/専門職)

・「うれしくない。自分の好きなものでないと身につけたくないから」(31歳/商社・卸/その他)

・「うれしくないです。私自身の下着の趣味を否定されている気がするし、強要されているようでいやだ」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「うれしくない。はいてほしいアピールがやだ」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

 

https://woman.mynavi.jp/article/160118-200/

 

逆に、すごく肯定的な意見もあります。

 

・「好きな人からだったらうれしい。気持ちが盛り上がりそうだから」(26歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「好きなデザインを恋人からもらうのはうれしい。ほかの人に見せるものではないから、2人だけの秘密みたいでいい」(28歳/その他/販売職・サービス系)

 

 こんな感じで、どんな下着ではなく、行為自体がNGの人がいるので、どういう風に考えている方なのかを見極めましょう!!!大事!!!

 

 

好みを事前にリサーチ

行為自体にNGが出ていない場合、次に考えることは、「どんな下着を選ぶか」です。

冒頭に書きましたが、下着は身に着けるものです。

 

もし相手が好みでではないものをプレゼントした場合。

相手の女性はおそらく優しいでしょうから次遊ぶときに、嫌々ながら、我慢してその下着を着けてきてくれることでしょう。

 

 

そんな思いはさせたくないですよね。。。

だから事前に相手の好みを知っておくことは重要です。

方法としては、普段の下着からなんとなく好みを予想する方法と、直接口で好みを聞く方法があります。

口で直接聞くほうが失敗は少ないですが、サプライズを考えている場合は悟られないように、自然な流れでそれとなく引き出しましょう。

 

それともう一つ重要なこと。

サイズは、ブランドやデザインによって異なる場合があります。

サイズは下着のタグでそれとなく確認することはできますが、口で直接聞くのがベストだと思います。

デザインが気に入ってもサイズが違うと身に着けられないので・・・。

 

 

そこそこのブランドである

これも割と重要なはず(笑)

プレゼントなわけだし、女性が手軽に買うには少し悩むようなものを選びたいです。

 

・「普段買わないような立派なものならうれしいけど、そうでないものなら自分で選びたい」(28歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「うれしい! クロエのレースの下着など高すぎて自分で買えないものや、布ナプキンなど気になってるもの・着心地のいいオススメの下着などもらうととてもハッピーです!」(33歳/金融・証券/専門職)

 

男性からしたら、調べてみると女性の下着ブランドの名前は聞いたことない名前だらけかもしれません。

僕は下着ブランドには疎いので知らないブランドだらけでした(笑)

 

僕の場合は下着のブランドランキングとか色々調べて、そこそこ人気のブランドの中からチョイスしました。

上下セットで1万5千円ぐらいだったかな?

相手の女性が好きなブランドとかが事前に知れたらいいですね。

 

 

自分の好みは押し付けない

これも大事です。

下着をプレゼントするからといって、自分の性癖を押し付けないようにしましょう(笑)

「相手の女性が相手の友達に見られても恥ずかしくないような下着」という考えがいいかもしれません。

 

もちろん、彼氏からのプレゼントだからこそ過激なデザインの方が喜ぶ方がいるかもしれません。

それは相手の女性がどんな女性であるかを考えましょう!

 

 

まとめ

今回は大学生の僕が彼女に下着をプレゼントしてみて考えたことをつらつらと書き殴ってみました。

みなさんはどのように感じたでしょうか。

共感できるところ、共感できないところなどいろいろあったと思います。

 

プレゼントである以上、相手への思いやりが大事です。

存分に悩んで悩んで悩んで選んであげましょう。

そのように相手のためを思う時間こそが最高の愛情だと思います。

 

とか言っちゃったりしてな(笑)くさい(笑)

 

 

はい、とまぁこんな感じで終わりです(笑)

最後まで読んでいただきありがとうございました!