Grünes Haus

情報共有の場であったり、日々の記録の場だったり、管理人のアウトプットの場であったり、そんな個人趣味的な空間です。

勉強するときの最強の筆記用具、万年筆の特徴を紹介!学生にこそオススメだ!

f:id:qweasdzxc-green:20170713004630j:plain

こんばんは、keyです。

 

突然ですが、僕、万年筆推しです!!!

 

勉強するときの最強の筆記用具は万年筆だと思ってます。

今日は、「この万年筆がおすすめだ!」っていう記事じゃなくて、万年筆全般的に言える特徴などを紹介していきます。

この記事を通して、万年筆を全く知らない人が、なんとなくイメージできるようになってくれたらうれしいです!(^^)!

 

 

f:id:qweasdzxc-green:20170713004706j:plain

かっこよくて、所有感がある

機能面のいいところは置いといて、まずはこれですよ。

カッコイイ。

鉛筆、ボールペン、シャーペンなどの筆記用具を使ってて、カッコいいと思ったり、所有感はありませんでした。

万年筆は、持っているだけで、喜びを感じたり、書きたいがためにノートを開かせる力があります。マジで。

周りに持ってない人が多いのも、僕的にはポイントが高かったです(笑)

 

かっこいいし、周りが持ってないし、目立ちたい!とかいう中二病的な感じじゃないよ。。。

どちらかというと、Macみたいな感じよ(笑)

使ってる人が少なく、使いだしたら使い心地良くてやめられず、使ったことない人からディスられがちなとことか、似てるかも?

 

 

書きやすい

何をもって書きやすいのかというと、筆圧0で書けるところ。

シャーペン使ってた頃、「筆圧を弱くしたらはやく書けるやん!」ってことに気づきました。

でも筆圧弱くすると、字が薄くなるから見返したりするときに、視認性が良くない。

それに最低限の筆圧は必要であり、どちらにせよ、手は疲れる。

ボールペンにすることで視認性は改善されるが、やはり筆圧は必要であり、手は疲れる。

 

万年筆は、筆圧0で書ける。

これは最大のメリットの一つだと思います。

手が疲れないだけでなく、手に無駄な力をいれなくていいので、筆圧が必要な筆記用具よりはやく書くことができます。

 

物理的には手が疲れないわけですから、集中力さえ持続すれば、ほぼ無限に字を書き続けることができます(笑)

 

 

f:id:qweasdzxc-green:20170713011031j:plain

色の選択肢が豊富

想像以上に、色の選択肢が豊富です!

百聞は一見に如かずということで、いくつか紹介します。

 

まずは紺色系の色。

紫系の色や、

 オレンジ系の色、

 緑系など。

 

 いま紹介した色は、ほんとうにごく一部の色です!

自分のお気に入りの色を選ぶのも楽しいですよ。

万年筆自体も他人とかぶらないし、色も選択肢が豊富だからかぶらない。

あと、インク入れが無駄におしゃれ(笑)

 

個人的に勉強に使うなら、上に貼った「月夜」がおすすめです。

黒より目に優しい感じがします。

僕自身も月夜を使ってます。

 

 

f:id:qweasdzxc-green:20170713012404j:plain

ペン先の太さの選択肢

 ペン先にもいろいろな太さがあります。

細いほうから、極細(EF)、細字(F)、中細(MF)、中字(M)、太字(B)、ズーム(Z)、ミュージック(MS)となります。

それぞれの細かい説明は省略しますが、ノートに使用する実用的な太さは、細字(F)、中細(MF)、中字(M)らへんを選べばいいと思います。

A4サイズの無地の紙に書くなら中字(M)がおすすめです。

罫線が入ったB5のノートに使用するなら細字(F)がおすすめです。

 

おすすめの太さはあくまでおすすめであり、買う時にはお店で試し書きさせてもらうのが一番いいです。

メーカーや種類によって、同じ中字でも差が出るからです。

レビューなど見ても、太い細いなんかは主観的なものなので、絶対に試し書きすること!!

 

この頃は買う前にAmazonなどでレビューを必ず見ると思います。

星が4.5とかついてたら、安心しますよね。

そんな万年筆は、品質自体には問題がないことが多いです。

ここでの落とし穴が、ペン先の太さです!

品質自体は悪くなくても、自分の望む太さでない場合、これじゃない感が半端ないです(笑)

どの万年筆を買うかとともに、どの太さを選ぶのかも慎重にいきましょう。

 

 

f:id:qweasdzxc-green:20170713163418j:plain

味わい深い文字

万年筆で書くと、字が味わい深ぇ。

シャーペンやボールペンで書いてるときに、味わい深いなんて思うことは、ない。

シャーペンやボールペンの文字って、なんか冷たいというか、シャープというか、誰が書いてもなんとなく同じ感じになりますよね。

万年筆だと、文字に個性が出ます。

てきとうに書いてみたらこんな感じ。

f:id:qweasdzxc-green:20170713164130j:plain

ぜんぜん良さが伝わらん(笑)

色の濃淡とか、文字のディティールは本当に個性が出ます。

万年筆使ってると、自分の文字が好きになれます!

 

 

f:id:qweasdzxc-green:20170713164454j:plain

連続で書くときに向いている

万年筆は、連続で書くときに向いています。

んじゃあ短時間書くときは向いてないのか?と言われると、そうかも?って感じ。

 

なんで向いているのかというと、上で書いたように、筆圧が0で疲れを知らずに書き続けられるから。

短時間の時はどうなのかというと、キャップがめんどくさいんだなコレが。

 

万年筆は、キャップを外したまま放置してると、インクが乾いて書けなくなります。

なので、ある程度時間が空くときは、キャップを閉めなければなりません。

キャップを回転式なので、短時間書いたり書かなかったりの時には、少しキャップの開け閉めがめんどくさいのです。。。

 

僕は、短時間のインターバルで書いたり書かなかったりを繰り返すときは、ケースバイケースということで、ボールペンを使います。

長時間書き続けるときは、必ず万年筆です。

つまり、万年筆は学生にこそおすすめです。

なぜか。

授業では1時間前後、ノートを取ったりメモを取ったりしますよね。

テスト勉強では、問題集などを解きまくります。

学生は1日中ペンを使っているといっても過言じゃないです。

そんなシチュエーションこそ、万年筆の出番なのです!

手が疲れないから、ノートを取るストレスもないし、授業の内容に集中できます。

 

 

f:id:qweasdzxc-green:20170713171312j:plain

デリケートである

シャーぺンやボールペンに比べると、かなりデリケートだと言えます。

ペン先は金属なんですが、堅い地面に落とすとかなりのダメージが万年筆にかかります。

また、インク漏れをすることもあります。

丁寧に扱ってあげてならそんなことないんですけどね。

 

デリケートな分、自分好みに調教(笑)できます。

使っていくうちに、ペン先の金属の部分が少しすり減っていきます。

すのすり減り方は、使う人の手に馴染んだ形となります。

可愛いでしょ?(笑)

 

だから、あれだ。

言いたいことは、シャーぺンやボールペンみたいに投げたりせず、優しくしてねってことです(笑)

現場とかでささっとメモするような用途よりは、机で静かに使う時向けですね('◇')

 

 

f:id:qweasdzxc-green:20170713172020j:plain

維持費について

 万年筆、高いイメージないですか??

万年筆自体は、実際にシャーペンやボールペンに比べると高いです。

ですが、維持費となると、話は別です。

 

なぜかというと、インクがかなり安いからです。

インクは先ほどリンクで貼ったもので1300円ぐらいです。

その買ったインクで、数十回インク補充できます。

 

初期投資はいくらか高いですが、数年使うことを考えると、格安です。

 

 

 

まとめ

こんだけ語りましたが、僕もまだまだ万年筆初心者で、詳しい人はたくさんいると思います。

あなたのまわりに実は万年筆を使っている人が実はいるかもしれません。

そんな人たちに話を聞いてみてください。

魅力をありったけ教えてくれると思います。

 

今日はこの辺で。(笑)

最後まで見てくれた人には、感謝です!

最後に、僕が一番最初に買った万年筆を貼って、記事を終わりたいと思います。

初心者にかなりおすすめかつ、安い。

入門編にはこれ以上ないおススメの万年筆です。

閲覧いただきありがとうございました!