パワポでスライドを見やすく作るための最強本「伝わるデザインの基本 増補改訂版 よい資料を作るためのレイアウトのルール」の感想

f:id:qweasdzxc-green:20170719110459j:plain

こんにちは、keyです。

この本を読みました。

「伝わるデザインの基本 増補改訂版 よい資料を作るためのレイアウトのルール」

なんで読むことになったかというと、大勢の前でプレゼンをする機会があり、そろそろちゃんとデザインの基礎知識を付けたほうがいいなと思ったことがきっかけでした。

 

実際読んでみての感想は、「数年間この本は手元に置いておこう」、って感じです。

つまるところ、かなりおすすめってことです(笑)

内容

内容としては、1章から5章にわけられています。

各章について紹介していきます。

内容に触れすぎると著作権違反になりそうなので、紹介程度にとどめて、気になった方は、ぜひ本を読んでみてください。

 

1章 書体の文字と法則

資料の印象や見やすさは、書体の選び方や文字の使い方によって決まると言っても過言ではありません。

ここでは、書体やフォントの性質を理解し、文字を正しく使うための方法を紹介します。

 

わかりやすいスライドを説明するにあたり、まずはフォントの説明から入っています。

めちゃくちゃありがたいのは、ゴシック体と明朝体それぞれのおすすめのフォントを提示してくれていることです。

もちろん、日本語だけじゃなくてアルファベットの際のおすすめフォントも教えてくれています。

おすすめのフォントがわかることで、スライドや資料を作るときにフォントで悩まなくてよくなります。

 

1章を読むことで、美しいフォントが何かということを知ることができました。

「読ませる文章」と「見せる文章」でのフォントの違いも学ぶことができました。

フォントはケースバイケースが大事であることがわかります。

 

さらに、「数字を目立たせるには?」「約物(?や!のこと)の取り扱いは?」「文字の装飾は?」などについても知ることができます。

 

 

2章 文章と箇条書きの法則

読みやすい書体やフォントを選んだからといって常に読みやすい文章ができるわけではありません。

ここでは、読みやすい資料を作るための文章のレイアウトのルールを紹介します。

 

文字の行間や行長、段落などの配置によって見やすくする考え方がわかります。

また、大きさや太さについても言及していて、自分が悩んだ時の参考になりました。

行頭の揃え方や箇条書きの作り方(魅せ方)、小見出しのデザイン、文字のグループ化、インデントの必要性についてもかなり参考になります。

 

2章を通して、スライドの全体のバランスをうまくとれるような、バランス感覚を知識として吸収することができます。

一通りスライドを作り終わって調整する際に、かなりこのバランス感覚は効いてくると実感しています。

 

 

3章 図とグラフ・表の法則

図解や写真、グラフ、表は資料に欠かせないアイテムです。これらには、言葉では説明しにくいことを効果的に伝えるという役割があります。

この章では、まず「図」を作るときの基本的なルールを紹介し、その後、グラフや表を作成する方法を説明します。

 

スライドは、文字より図やグラフの方が格段に見やすくなります。

この章では、それらに加えて、文字を図形化することで文字を見やすくする方法が体系的にわかります。

 

四角で囲むときの注意点や、オブジェクトの装飾はかなり参考になりました。

凝った装飾が必要ないことがわかります。

図形でよく使う矢印の使い方や、パワポ内での色使いも見やすいパワポを作るには必要な知識です。

 

数値データの示し方のところでは、表で表すか、グラフで表すか、からはじまります。

それぞれのNG例とGOOD例が載っているため、わかりやすいグラフがどのようなものかがだんだん理解できてきます。

 

特にエクセルでグラフを作るときは、初期設定では見にくいグラフになっています。

その初期設定から、見やすいグラフにするまでの設定を細かく書いてくれているので、それに従うだけでかなり見やすいグラフになります。

棒グラフ、折れ線グラフ、円グラフ、散布図などの初期設定の何が問題なのかも具体的に挙げてくれているので、自分がグラフを作ったときのダメ出しを自分で行う力が身に付きます。

 

見やすい表の説明も参考になります。

表の中での背景色の使い方や、表内での空白のとり方、不必要な線の除去などは一読するだけでもかなりためになります。

 

 

4章 レイアウトと配色の法則

見やすいレイアウト、わかりやすいレイアウトをするときの重要なポイントは、「ストーリー」や「事柄と事柄の関係性」に即して文字や絵などの要素を配置することです。

関連の強い者同士は、近くに配置したり、同じ色を使ったり、大切な事柄を目立つ色にしたり、目立つ場所に置いたりして、「ストーリーや理論をレイアウトする」ことが大切です。

 

レイアウトの目的をまずはじめに丁寧に説明しています。

そのあと、情報の構造を明確にするための5つの法則を定義しています。

この法則を覚えるだけでもかなり見やすいパワポに近づくと思います。

内容を記事内に書くと著作権違反になりそうなので、みなさんぜひ本を読んでみてください。

 

5つに法則を説明した後の内容は、画像と文字のバランスや揃え方、視線の流れを意識したレイアウト、画像や図の扱い方(トリミングや加工)、アニメーションに関することなどを説明しています。

 

配色に関する知識、色の選び方、色の組み合わせ、文字色と背景色の組み合わせなども書かれていて、色に疎い自分としてはかなり参考になりました。

色のバリアフリーについても言及されていて、大勢の前でのプレゼンを控えている方には必要な知識であると感じました。

 

 

5章 実践

スライドやビジネス文書、チラシ、掲示用ポスターなどの実際の例を使って、これまで紹介してきたルールやテクニックをBefore-After形式で振り返ります。

1~4章で紹介できなかったテクニックもお見逃しなく!

 

1章から4章にかけて説明してきたルールや知識を、実例を通して復習します。

BEFOREとAFTERが用意されていて、かなり見やすいスライドになっていることが実感できます。

一通り読んだ後の練習として、まずはBEFOREだけを見て何が問題点なのかを自分で洗い出します。

そのあとにAFTERを見て答え合わせをするのが実力をつけるいい方法だと思います。

プレゼン用のスライドから企画書やプレゼン資料、文章がメインの書類、掲示物やチラシなど、様々な種類の例を、数十枚出してくれています。

 

 

f:id:qweasdzxc-green:20170719112046j:plain

感想とまとめ

「伝わるデザインの基本 増補改訂版 よい資料を作るためのレイアウトのルール」を読んで、本当に良かったと思います。

自分のスライドや人のスライドを見るときの視点が増えた感じです。

この本を読むことで、自分のスライドレベルが数ランクアップすることが実感できます。

他の人のスライドを見たときに、「手を抜いてるな」とか、「慣れてないな」などの感想も持つようになります(笑)これはどっちでもいいけど(笑)

 

デザインに関する知識が全くない人や、最近パワポを使いだした人には超絶おすすめです。

Amazonのレビューもかなり高評価です。

そして僕も同意見です。

 

パワポレベルを上げたいと思っている方は、読んでみてはいかがでしょうか。

以上で今回の記事を終わります。

最後まで見ていただきありがとうござました!!